自動車保険の免責とは?

自動車保険 個別見積もり

■免責

単に「免責」という場合は、保険金が支払われない場合のことをいいます。

具体的な例をいくつか挙げると次のようになります。

・飲酒運転、無免許運転、そして正常な状態を保持できないままでの運転(麻薬等の使用)時に、事故を起こし損害や傷害を負った場合、自動車保険の自損事故保険・無保険車保険・搭乗者傷害保険が適応されなく免責となります。

・自動車所有者の許可無く運転をして事故を起こしてしまった場合も、自損事故保険・無保険車保険・搭乗者傷害保険が免責となります。

・地震や津波・台風など天地災害での損害の場合、対人賠償保険、対物賠償保険、無保険車傷害保険の自動車保険が適用されず免責になります。

このように自動車保険の場合、各保険種別ごとに細かく免責の場合が規定されています。

どういう場合に免責になるのかはとても重要なことですので、後の祭りにならないよう契約前にパンフレットなどで一度眼を通しておけばよいでしょう」。



■免責金額

保険事故により損害が発生した場合に、被保険者または保険契約者が自分で負担するものとして設定する金額のことをいいます。

「保険金額100万円、免責金額3万円」という契約の場合、60万円の損害が出た時は保険会社から支給されるのは60万円-免責金額3万円の57万円になり、残りの3万円は自己負担となります。


免責金額が大きくなるほど保険料は安くなりますので、予算といざというときの補償との兼ね合いを考えて設定することになります。

車両保険を免責で安くする


数百万円もする新車だとやはり車両保険を無視するわけにはいかないかもしれません。

車両保険は自動車保険の保険料を大きく左右するものの一つです。

免責ゼロの車両保険は万全で安心も大きいでしょうが、予算との兼ね合いがある場合は、免責金額を設定して車両保険の保険料を安く抑えるという方法があります。

例えば車両保険に10万円の免責をつけると10万円までは自分のポケットマネーで修理をし、それ以上掛かる分が保険金として支払われるようにするということです

修理費が50万円なら、免責10万円の車両保険だと残額の40万円が保険により支払わることにあります。

免責を15万、20万とすると車両保険料もその分安くなります。


※閑話休題・・・車のお話
軽自動車は中古でも人気が高いので売り先が肝心。
無料一括査定を複数利用して一番高いところに売ればOKです。

このページの先頭へ