自損事故保険を知っていましたか?

自動車保険 個別見積もり

通常、対人賠償保険とセットになっているのであまり意識されることはないのですが、任意保険の欠かせないメニューとして重要な役割を果たしているのが自損事故保険です。

いわゆる「自爆」事故というのは初心者ドライバーに多いとは限りません。

初心者というのは運転時に緊張感があり慎重であるため、かえって自損事故が少なく、むしろ運転に慣れ緊張感が薄れたり変な自信を持ち始めてくる頃が危ないとよく言われます。

相手車のある事故でも、信号待ちの車への追突やセンターライン・オーバーで対向車と衝突という、いわゆる「百ゼロ」(自分の過失割合が100パーセント)事故も、自分に限ってあり得ないとは言えないでしょう。

この様な交通事故の場合、自分の怪我や損害等については自賠責保険は全く役に立たないことになり、任意保険の「自損事故保険」が重要性な役割を果たすことになります。

このような事故の場合に非常に頼りになる「自損事故保険」は、通常、対人賠償保険を契約すれば自動的にセットとして付いて来ますので、契約時に改めて保険金額などの設定することもなく別段の特約保険料を支払うこともなく済んでしまいます。

自損事故保険の補償内容を確認してみよう

自動車保険の任意保険に加入している人でも、この「自損事故保険」について意識していない人や存在自体を良く知らない人が多いのは、対人賠償保険とセットになっているからなのでしょう。

でもこの自損事故保険は、自爆事故のときにドライバー自身を守る非常に頼りになる保険であり、いざという時にそのありがたみがわかる保険だといえるでしょう。

この際、ぜひ自分の任意保険の「自損事故保険」の補償内容等を確認してみましょう。

自動車保険の「自損事故保険」の補償内容は、通常次のようになっているはずですが、特約の内容が保険会社各社によって違う場合があるので、詳しくは約款等で確認するのがいいでしょう。

・死亡時   1500万円
・後遺傷害  50万円~1500万円(介護の必要が場合350万円が上限)
・入院    1日あたり6000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)
・通院    1日あたり4000円(搭乗者傷害保険とは別に 上限100万円)

当然のことになりますが、酒酔い運転や無免許、また故意の事故等では保険金は支払われません。

万が一自損事故を起こしたときは「自分で起こしてしまった事故だから・・・」とあきらめてしまわずに、必ず自動車保険の保険会社に報告を入れ、相談してみるべきでしょう。


このページの先頭へ