対人賠償保険は自賠責の不足をカバー

自動車保険 個別見積もり

自賠責保険の支払い限度額は、死亡事故の場合3,000万円、重度後遺障害の場合4,000万円と決められています。

自動車保険の対人賠償保険は、歩行者、同乗者、または他のクルマに乗っている「他人」を死亡、負傷させて損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について支払われる保険です。

自動車保険の中心的な柱となる保険で、任意保険には欠かせないメニューといっていいでしょう。

対人賠償保険の支払い対象>は、あくまで「他人」つまり「被保険者(保険加入者)」以外の人であり、加入者自身(被保険者)は対人賠償の対象にはなりませんので気をつけたいところです。

基本的に、契約者の配偶者や子供、同居の親族も被保険者の扱いとなり、対人賠償の対象にはなりませんので、理解しておく必要があります。

たとえば、家族と一緒のドライブで単独事故を起こした場合、同乗の妻や子供がケガ をしても、そのクルマの対人保険金は支払われません。

また被保険者の許可のもとにクルマを使用している人も、例えばあなたの了解の下に友人等が運転して事故を起こし、友人が怪我をした場合も、保険金は支払われませんので、注意が必要です。

「被保険者」の定義を理解することが大切

上記のように、対人賠償保険は、対人とはいうものの「被保険者」は補償の対象になりません

したがって、この保険金の支払いの対象とならない「被保険者」の定義を事前によく理解しておく必要があるでしょう。

自賠責保険しか入っていない方の起こした交通事故は、被害者だけでなく、加害者にとっても悲劇になってしまうでしょう。

自賠責保険だけでなく任意保険に加入しており十分な補償ができるとしても、被害者に後遺症が残ったりすれば、加賀者の精神的痛手は小さくないでしょう。

ましてや、寝たきりなど億単位に上るであろう損害を被害者に与えたにもかかわらず、任意保険に加入していないばかりにその大半を補償することもできないという状況は、一生の間消えない精神的呵責になりかねません。

改めて自動車保険(任意保険加入)の重要なことを認識させられます。

このページの先頭へ