自動車保険の価格は補償以外のところで決まる

自動車保険 安い

安い自動車保険は補償内容の質が低いから安いのではありません。

ましてや安いから保険金の出し渋りの心配があるわけでもありません。

むしろ、1995年以来保険金未払い問題で不祥事続きなのは保険料の高い代理店型大手損保会社ばかりです。(金融庁の検査の結果3か月間の一部営業停止を受けた2社も代理店型大手でした。)


自動車保険事業は国(金融庁)の厳格な認可・監督を受け、認可内容からはずれた場合は金融庁が放っておくはずがないということです。


同じ補償内容で保険料が高いか安いかは補償内容以外のところで決まります。

通販型が格安になるのは、直接販売により代理店手数料(保険料の20%)など中間経費を省いているからです

代理店手数料が無くなるだけで5万円の保険料が4万円になります。


どうしても代理店を通したい事情があれば話は別です。

そのような事情が無ければ通販型など安い自動車保険を選ぶことは決して不安なことではなく、むしろ合理的な商品選択なのです。

事故のとき代理店型の方が安心って本当?

自動車保険 安い

「事故のとき代理店型の方が安心」という意見をネットでよく見かけます。

一番の問題点は
自動車保険代理店業界の9割が副業のアマチュア代理店
だということです。

保険料の20%の代理店手数料に値する専業のプロ代理店はなんとたったの1割だけなのです。

自動車販売店など副業の片手間代理店は、車のプロではあるでしょうが保険のプロではありません。

代理店型損保各社はこのような副業代理店の再教育などを行っているようですが、状況が急変することは無いでしょう。

代理店経由のメリットは事故時のプロのアドバイスになりますが、10分の1の確率しかないメリットのために2割もの割り増し料金を払うのは合理的なことでしょうか。

だから安い保険を選ぶことは合理的な選択なのです。

国の監督の下、「安かろう悪かろう」などあるはずの無い自動車保険、安心して安い保険を探しましょう。


安い通販型自動車保険ならではのメリット


中間コスト省略の通販型自動車保険は、各社とも格安になっています。


安いから、補償以外の部分で代理店型に劣っているというわけでもありません。

むしろ、代理店型がかなわない通販型ならではのメリットもあるのです。


その一つは無料のロードサービスです。

今では代理店型各社、共済なども追随するようになりましたが、サービスの内容、充実度ではメジャーな通販型にかないません。


もう一つは365日対応の初期対応サービス※です。

「365日対応の代理店」など聞いたこともないですが、通販型は受付時間帯の違いはありますが、ほぼ全社が365日対応になっています。

(※初期対応サービス・・・事故直後の相手方・警察・病院への連絡や修理工場の手配、事故対応のアドバイスなどの無料サービス)


もちろん事故受付は全社が365日24時間対応です。

そして、代理店型と比べた場合の何よりのメリットは、いわゆる「代理店探し」の心配をしなくても契約者が均一なサービスを受けられることでしょう。

ネット見積もり利用者の体験談

安い自動車保険を探したいとき、ネットの一括見積もりはとても頼りになるツールです。

・初めての任意保険でどこがどうやら見当が付かない
・更新時に安い保険に切り替えをしたいがあまり時間がとれない
・長い間自動車保険の保険料を比較をしていない
・車種が変わった
・転勤、進学などで家族の構成が変わった
・ディーラーがすすめた保険が長い間そのままになっている

このような場合は、一度無料の一括見積もりを試してみてください。

きっと「目からウロコ」状態を体験できるでしょう。



ネット見積が初めての場合は不安や疑問があるものです。

入力が面倒じゃないだろうか?
電話勧誘があるんじゃないだろうか?
補償内容の比較はできるのだろうか?
ロードサービスの比較が分るだろうか?

まずは一括見積もり利用者の口コミや体験談をご覧ください。


気になる口コミはこちら こちら インズウエブの口コミ・体験談



このページの先頭へ