相場を知る一番良い方法は何か?

自動車保険の相場が分かりにくいのは、
同じ補償内容でも各社の保険料が大幅に違ってしまうからです。

自動車保険自由化から十数年経ち、20社以上の損保等が競争しています。
同じ補償内容で、安い所と高いところの差が2倍以上になることもあります。

自動車保険 相場

新タイプの通販型各社がダンピングをしているわけではありません。
金融庁の厳格な認可を受けた公認の保険料にこのような差があるのが自動車保険の現状です。


納得の保険選びには各社の一括比較が欠かせなくなり、
無料の一括見積もり年間80万人以上の人に利用されています。


この一括見積もりなら簡単な申し込みで各社の保険料を一度に比較することができます。
免許証、車検証、今の保険証券を準備し入力は約10分。勧誘や加入義務の心配もありません。

20社以上もの中からどうやって選ぶ?

自動車保険を販売する保険会社等は20社をゆうに超えます。

自動車保険の市場が自由競争になってから、従来の横並びは姿を消し各社がそれぞれの特徴をアピールして競っています。


自動車保険 相場

「○○歳、○等級で車両保険無しだと大体○万円」という自由化以前のような意味の「相場」は、今はもう無いと言った方がいいでしょう。

相場が広がったということは、従来よりはるかに格安の自動車保険を購入できるようになったということです。

これが自動車保険完全自由化の最大のメリットでしょう。


そして、最大20社、最大17社などの一括見積もりが自動車保険選びに欠かせないツールになりました。
20社を越す損保等から1社ずつ見積もりを取って比べるのは不可能に近いからです。


最大20社のインズウェブはすでに利用者が500万人を突破、最大17社の保険スクエアbang!は220万人を突破しています。

自動車保険一括見積もりの利用者はますます増えています。

自動車保険の相場 通販とリスク細分のインパクト

自動車保険 相場

自動車保険の相場は、保険自由化によって一挙に広がりました。

中でもインパクトの大きかったのは、

直接販売の通販型の登場
リスク要因を細分するリスク細分型の登場

の二つでしょう。


実際に一括見積もりで各社を比較してみた一例をご覧ください。


■年間保険料の各社比較■

・チューリッヒ      25,180円 (通販・リスク細分)
・全労災         25,900円 (共済)
・ソニー損保       29,550円 (通販・リスク細分)
・東京海上日動火災    37,580円 (従来型)
・あいおい損保      39,190円 (従来型)
・三井住友海上      40,200円 (従来型)


<加入条件>
等級 12等級 エアバッグあり(デュアルエアバッグ)  ABSあり  衝突安全あり  低公害車適用  30歳未満不担保 免許の色ブルー 家族限定なし  日常・レジャー用  年間走行距離 9,000Km 対人賠償 無制限  自損事故 1,500万円  無保険車傷害 2億円  対物賠償 1,000万円  免責金額 0 人身傷害 0円  搭乗者傷害 1,000万円  入院保険金日額 15,000円  通院保険金日額 10,000円  車両保険なし


この例では、同じ加入条件なのに最大で15,000円を超える差が出ています。

たった6社でもこのような違いがあるのですから、15社、20社になれば条件によって2倍以上の保険料の差になることも珍しくありません。


これが自由化後十数年たった今の相場の姿です。

一括見積もりという便利なツールが無ければ、客観的な保険選びをしたくてもどうしようもないことが良くわかると思います。

相場が分かるのは一括見積もりしかない


自動車保険の相場を確かめるときの手順

●まずは自分の加入条件を確認してみよう

自動車保険の相場を知りたいならまずは自分の加入条件の確認が欠かせません。

自動車保険の保険料は年齢・等級・使用目的・車種・走行距離・車両保険の有無などで大きく変わります。

相場をどんな専門家に尋ねてもまずは「加入条件は?」と質問されることになります。


●次に一括見積で各社を比較しよう

加入条件が決まっても数社の比較だけでは果たして全体の中で最適なのかどうか確信が持てません。

自動車保険は現在20社以上が様々な商品で競争をしています。

同じ加入条件で保険料の差が2倍以上になることも珍しくありません。

業界全体を視野に入れた絞込みや比較を行なって初めて相場が把握でき、後悔のない自動車保険選びとなります。


しかし、20社を超える保険会社に1社づつ見積を依頼するのでは、普通の場合不可能に近いでしょう。

短時間で多数の自動車保険を比較する方法は、一括見積もり以外にありません。


加入条件がわからないと相場もわからない

車の任意保険料の相場を知るための手順

◎第一ステップ⇒自分の加入条件を確かめる

車の任意保険の相場を知るなら自分の加入条件の確認が欠かせません。

任意保険料は年齢・等級・使用目的・車種・走行距離・車両保険の有無などで大きく変わります。
相場をどんな専門家に尋ねてもまずは「加入条件は?」と質問されることになります。


◎第二ステップ⇒各社の比較を行なう

加入条件が決まっても1~2社の見積だけでは任意保険の相場は分りません。

車の任意保険は現在24社が扱っており各社が様々な商品で競争しています。
同じ加入条件で任意保険料の差が2倍以上になることも珍しくありません。

このような各社の比較を行なって初めて相場がわかり後悔のない保険選びとなります。


各社比較で短時間に相場を知る方法は現在一括見積もりしかないかも知れません。

20社を超える保険会社に1社づつ見積を依頼するのは普通不可能に近いでしょう。
一括見積もりは短時間の入力で複数社の比較を一度に行なうことができるのが最大のメリットです。


車の保険に万人向けのおすすめはありません

車の保険は、24社もの損保会社が様々な特色の商品を発売し競争しています。
誰にでも共通する車の保険の相場を求めても現在では不可能だといっていいでしょう。

保険料の各種の割引では
ゴールド免許、走行距離、等級、安全装置、家族限定、低公害、長期優良割引、ネット申し込み、セカンドカー、イモライザー、安全ボディーなど
多くの項目を各社がそれぞれ組み合わせて保険料に反映させています。

リスク細分も各社それぞれの特色があり、ゴールド免許の割引を行なう会社もあればあえて免許の色で保険料が変わらない会社もあります。

また、「保険料は走るだけ」という商品に対し、「いくら走っても保険料は同じ」とアピールする商品もあります。

車の保険では損保各社がそれぞれ互いの顧客ターゲットが重複しないように保険料を設定して競争しています。

車の保険の相場も一定したものは無くなり、通販型の相場はいくらぐらい、代理店型の相場はいくらぐらい、代理店型でもリスク細分型の場合は大まかな条件により相場がいくらぐらいというような、とてもややこしい状況になりました。

商品の選択肢が広がり、それ自体は大変にいいことなのですが、その分最適の車の保険が探しにくくなっているわけです。

このように自由化によって車の保険の相場は大きく変貌しましたが、
一括見積もりはこのような状況の中でますます利用者を増やしています。

車の保険の相場の違いだけでなく、事故対応・故障対応や無料ロードサービスの違いなども、取り寄せられた一覧付きの見積もりで、じっくりとマイペースで比較することができます。

今や自動車保険一括見積もりは車の保険の相場を知るうえで欠かせないものになりました。


このページの先頭へ